口唇ヘルペスナビ

自然治療による口唇ヘルペス治療

食事

口唇ヘルペスには魚や鶏肉、卵やマメ科の植物、じゃがいもがおすすめです。肉も良いのですが、草食飼育のものが理想的です。ヘルペスを再発させないために、大さじ2杯程度のビール酵母を1日に2回摂取すると良いでしょう。ビール酵母はアミノ酸L-リジンのレベルを向上させます。冷水魚には組織を正常化させる働きをする成分が入っていますので、積極的に食べるようにしてください。

 

一方で、アミノ酸L-アルギニンがたくさん配合されている食べ物は口唇ヘルペスを再発させる可能性が高くなりますので控えるようにしてください。これに該当するのは種子やピーナッツ、アーモンド、チョコレート、ゼリー、レーズン、イナゴマメなどです。

 

サプリメント

食間に2000mgのL-リジンを1日3回に分けて摂取すると、口唇ヘルペスが広がってしまうのを防ぎます。また、発生を予防するためには1日に2回は500mg摂取するようにしてください。ビオフラボノイドと共にビタミンCを摂取すると、免疫が向上するので、感染期間をぐっと短くすることができます。ですから、ビタミンCは1000mg、ビオフラボノイドは500mg摂取してください。その上で、亜鉛ピコリネートを30mg摂取するとウィルスが再生するのを抑えることができます。

 

ハーブ活用法

1日に3回、500mgのロマチアムを摂取すると免疫システムが高まり、ウィルス感染を抑えることができますのでおすすめです。